Ryuichi Sakamoto

「あっ Sakamotoサンが来るよ。」

と Joeriがある夏の日、コンサートホールの前を通りかかったら言った。
誰?友達? かと思ったら坂本龍一教授でした。

ということで チケット購入、しかも席選び放題で 前から4列目の真ん中!
10月初旬でもまだチケットが買えたらしいです。

欧州ツアーは幾度もやっているようですが、今回もピアノだけでのツアー。 
ベルギーはアントワープだけ。 しかも小さい会場。なしてココなのかしら?

後から坂本氏のtwitter(つぶやき?)みたら、体調悪かったんだそうです。
だから難しい顔してたんだ・・・。(いつも難しそうな顔してるけど・・・^^?)

はじめの数曲は 教授のお遊びのご様子。(ちょっと難解 笑)
その後は 往年のヒットも弾いて下さり結構盛り上がりました。
前回の公演のときは ぺちゃくちゃぺちゃくちゃお喋りしてたらしいですが
今回は何も言わず。 さんきゅー、と口が言ってましたが・・・

おしゃべりしてるの聞きたかったなぁ。

帰りのクルマの中で、 最初に数曲、なんであーいう 前衛的っていうか え?っていうような
曲を弾くんだろうねー?と ボヤいたら、
そりゃ 戦場のメリークリスマスだけ弾いてたら飽きるでしょって言われました。
たまには違うのも聴いてくれよって思うんだよって。
でも 一般的に聴衆は知ってる曲が聴きたくて来てるのに? わしらが客だぞー!
なぁんて 思ってたんですが そんなもんかも。 
芸術家も色々つらいし 有名になればなるほど色々足枷があるのでしょうね。

欧州はこれから インドアアクティビティの季節です。
コンサートやバレエやオペラ・・・。 ベジャールは観に行く予定。

私の今年の冬は スポーツクラブで鬱を撃退!が 目標ですっ。 ^^;  
(結構ハマって通ってます。)
[PR]

by sachio_tukiyo | 2009-10-15 04:50 | arts-kunst  

<< うぉ? りんご狩り >>