<   2009年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

Marrakech, shopping

モロッコに行くと決めてからの私の頭の中はバブーシュ(皮のスリッパ)でいっぱい・・・。

c0069083_5404881.jpg

ちゅーことで、しょっぱなからスーク(市場)でひっかかる。

「安くするよ!サイズ何!何色?どんなの?スペシャルプライス!」と声が掛かる。
言われた値段を3で割ってちょうど良い位の値段だと聞いていたので交渉。
結構 面倒くさいです。笑 しかも中々下げてくれない。
えーじゃ いらない!高い!と店を出ようとすると、
OK じゃーいくらなら買う??と攻勢をしかけてきやがるのだ。

でも・・・いくらぐらいが妥当なのか分からないと正直困る^^;
靴はバブーシュもサンダルも6~8ユーロみたいです。

c0069083_544630.jpg

まとめて買うと 値段安くしてくれやすいかもしれない。
でも 決して 品質が良いものではないなぁ。サンダルも、靴底がすっごい柔らかいので
すぐ磨り減っちゃいそうです。 でもま、千円だと思えばイッカ??

私は交渉すべて 日本語でやりました。笑
もちろん彼ら 日本語しゃべりませんが、色々文句を日本語で言うと
文句を返せないのでラクチン。 英語や仏語だと、凄い駄々をこねるんだもん。
数字だけ答えてあとは 大声で 「やだーたかいもーん かわなーい」とか。
それをJoeriが訳してました。笑
ちなみに彼は人が良すぎて、交渉には向いていないタイプと言うことが判明。
まだイケルって!!と言う私を制してお金払ってた。

c0069083_5494217.jpg

とにかく、凄い量のお店。市場は続くよどこまでも、です。
お店によって 結構質が違うので良く見て買ってくださいネ。

食べ物も売ってますが、私は買いませんでした。
オリーブや、甘いもの、乾燥果物などなどなど・・・ なーんでもありだよ。

あ、コレもう少し買っておけばよかったと今思っているのが、
スパイス屋さんで量り売りしてるセッケンみたいなパフューム。
AmberとかJasminがあり、デオドラントもしくは香水代わりに使うらしい。
凄く香りが強いので、玄関に放っておいたら芳香剤としても良いコトが判明。
ナルホド・・・。

c0069083_5562876.jpg

靴関係のほかには、ストールを9ユーロくらい、男性のチュニックを10ユーロくらい、
(これは絶対8ユーロくらいまで下がるのに、Joeriがこの価格で良いっていうんだもん)
かな?

あとは 小さなタジンとかもおみやげには良いかもしれませんが、
スーク歩いてるだけでも疲れるので 思ってたより買い物しませんでした。笑

かわいいなーでもいくらかなー 交渉すんの面倒くさい ;; ってなっちゃうの。
もうちょっと 神経が図太くなったら また行ってみたいと思います。^^
[PR]

by sachio_tukiyo | 2009-05-29 05:59 | travel  

Marrakech, Food

モロッコ料理はベルギーでも良く食べに行くので、本場の味が楽しみだったのです。
感想、は、ベルギーと同じでした。笑
一日目、宿(リヤッドと言われるモロッコの民宿)に着いたのが22時くらい。
どこかで何か食べるものを、と聞くと、リヤッドの人のお勧めのお店があるとのこと。
荷物を運んでくれたりするお手伝いの男の子(14、5歳かな?とても可愛い)が
連れて行ってあげる!だって。 ^^;
着いたばっかりで、喧騒にちょっとドキドキしていたので助かりました。

c0069083_5491023.jpg


・・・4日間のうち、ここで食べたタジンが一番美味しかったかも!!
ひとつ1ユーロちょっとくらいで食べられるローカルなお店、
なんともタマラナイ、スパイスの味付け。
手前が私の野菜のタジン、奥はJoeriのお肉とプルーンのタジン。

タジンは陶器の帽子みたいな食器で、これをそのまま火にかけて
蒸し煮状態にする料理です。クスクスもこれで調理されてます。

c0069083_553176.jpg

続いてリヤッドでの朝ごはん。
モロッコの人は お砂糖沢山いれたミントティや 濃いコーヒーを飲みます。
左上のがモロッコクレープ。油っぽいけど癖になる!これはおやつとしても食べるみたいで
街中でもおばさんが焼いてました。蜂蜜とかで食べるのです。

真ん中のが モロッコで一番一般的なパンみたい。
少しもっちりしていて、大変美味。どこでも買えます。
で、右のが お砂糖いっぱいふりかかった フレンチトースト。
これは、ま、欧州風ってコトですかねぇ。

c0069083_5573033.jpg

この短い滞在で思わず もう一回食べたい!と なってしまった サンドウィッチ。
これ、オムレツがはさんであるんですけど 信じられない美味しさ。
オムレツにスパイスと香草が上手に使われていて、ひとつ70DHM。100円!
細長いポテトフライつき。 

案の定、3日目リピートしに行きました。笑
モロッコ人に紛れて かぶりつきましたよ。 あー もう一回食べたい。

このサンドのほかに リピート決定!になったのは、モロッコ人の味噌汁(?)
ハリラ。ひよこマメ、レンズマメ、細長いパスタとスパイスいっぱいのトマト系スープ。

c0069083_623473.jpg

これは 広場の夜の屋台で食べました。 なぜか皆、このモロッコ版かりんとうと
一緒に食べてるので マネしてやってみました。笑
木のスプーンで食べます。 これはなんだか妙に美味い!! ><
3DHM. 40円です。お勧めします。ちなみに凄く美味しかったので、
3日目ここもリピート。笑 屋台番号 1、 の ハリラ屋さんですよー。

c0069083_644619.jpg

お兄さん達が客引きに必死です。 日本語で 「モットタベナサーイ」とか
やたらとうるさく引き止められますが、美味しそうなところを頑張って選ばないと
不味いところに当たるときもあります。3日目の夜、ハリラの後に食べたお店が
劇マズでした。がっくし。 現地っぽい人が沢山いるところにしましょう。

c0069083_673165.jpg

店番号 4 の、海産物フライ屋さんはアタリでした!
揚げたてで食べられると最高。何でも安い。2人でたっぷり食べて、3~4ユーロです。
でも 計算がすっごい あやふやなので、きちんと払いたい人は計算自分でしましょう。笑
ま、いっか 美味しかったし!という人は、チップと思って払えばいいようです。

c0069083_619468.jpg

この国は 貧しい人には施しを、という文化なので
結構モロッコ人同士でお金を貧しい人に渡してました。
あと、お金のある人はチップも多めにおいていく様子。
先述のリアッドの少年にチップを渡しましたが、
お店まで案内している途中で お金を乞う老人にすべて渡していました。
あー、こういう文化なのか、と 深く考えさせられた瞬間。

なんだか3日半しか居なかったのに、食べ物に関してもまだまだ書き足りません。><
でも もう今日のところは・・・寝るとします・・・。
[PR]

by sachio_tukiyo | 2009-05-27 06:14 | travel  

Marrakech, City

とりあえず旅記のはじめはマラケシュの印象から・・・。

c0069083_424548.jpg


モロッコの中でもマラケシュとカサブランカは観光地のイメージがあったのだけど、
良い意味で裏切られました。
街の人たちは観光客になれているけれど、欧米化してはいないと言うか。
それでも、過去10年でだいぶ変わって綺麗になったそう。
あと 犯罪も減ったそうだ。(評判が落ちると観光客来なくなるからね。)

発展途上国だし、多大な可能性を秘めた土地なのだろうけれど
人々がそこに向かって行っていない感じがする。

c0069083_452386.jpg


マラケシュでは、人々は道に住む。おじいさんが、ぼぅっと道端に座っている。
子供達が駆け回って、若者は写真のような何でも屋さんの前で笑ってる。
女性達は肌を出さず、人目につかないところで働いている。

一日5回、モスクからアザーンが聞こえる。
初めて聞いたアザーンは、私には正直、とても怖く聞こえた。
コーランの朗読だと思ってたんだけどそうではなくて、
人々にモスクに来て祈りを捧げる時間を告げるためのアザーン。
15分間ほど、とても強い男性の声でコレを歌われると・・・困る。笑

「アッラーは偉大なり」「礼拝に来たれ」という内容を繰り返すんだけど、
早朝のアザーンには「礼拝は睡眠に勝るのだ」という内容が足されるのが可愛らしい。笑
確かに 朝のは早すぎるもんね。多分3時くらいだったと思う・・・。
起きて礼拝してまた寝るのかなぁ?

c0069083_5235657.jpg


市内の移動はもっぱら ミニバイク。凄まじい態度で道を行く!!
車の運転も半端なく手荒。不思議と皆、うまく避けて止まって進んでく。

だから、街中に沢山 修理場があって、埃っぽい様々なパーツが店に所狭しとある。
ミニバイク以外にも自転車、タクシー、バス、馬車にロバ・・・何でもあり。
(ミニタクシーは市内なら20DHM(250円くらい)で交渉可能、プジョー205とかの古い子達)

c0069083_542929.jpg


人々は殆どがフランス語を話す。英語は?と聞くと、2、3単語出るけどまたフランス語に戻る。
レストランや観光名所も殆どがフランス語。
公用語のアラブ語っていうのは息を強く吐く言葉で、強く聞こえるけれど
音の響きに異国情緒が溢れていて 個人的には最高。笑
そして全く読めない文字も良い。 勝手に一人で あー、LOSTしてる・・・なんて思えたのは
ひとえに買い物以外の交渉をすべてJoeriに任せたからである。^^;

あ、あと、特筆すべきは 猫の多さ。
猫好きには たまらん。 でもマラケシュの猫、皆小さかったよ。

c0069083_535552.jpg


で皆 細くて こんな顔してるの。 
季節柄 子猫も沢山居て、ウハウハでした。 
[PR]

by sachio_tukiyo | 2009-05-27 05:35 | travel  

Morocco,Marrakech

祝日と週末を利用して、4泊モロッコはマラケシュに行っておりました。
初、アフリカ大陸!! 

あの独特の色の洪水に溺れて、異国情緒を感じたい!!
という単純な理由で選んだマラケシュ。
c0069083_5562491.jpg

Royal Air Moroccoは、必ず飛行機遅れます。笑

印象としては、ああ、日本も50年前はこういう感じだったのだろうな、と言うような
ちょっとした郷愁みたいのを感じました。知らない時代。
整理された生活でしか生きたことのない私からすると、このカオスを
ただ単に「汚い」「怖い」とかっていう、そういう言葉では片付けられない気持ち。

欧州の個人主義に寂しさを感じているこの時期に、人がお互いにもたれあいつつ
生きている感覚が妙に心地よかった。
人間らしいというか、そういうにおいがある。

c0069083_6235497.jpg


店を持つ商人、ロバと廃材を運ぶひと、道端でミントやパンを売るひと、
切り落とされるトリのあたま、おこぼれを狙うねこ、
走り回るこどもたち、外国人観光客を相手に儲けるひと、お金を乞うひと。

良い思いだけではなかったけれど、とても印象に残る旅でした。
あと、人種好きとしてはベルベル人という人種に会えたのが嬉しかった。

モロッコはアラブ、ベルベル、アフリカンの3つの人種が居ましたが、
(顔が違うので分かる。混ざってはいますが。)
やはり余りなじみのないベルベル人に興味がありました。
(とても芸術的な顔の造形をしています)

食べ物編、買い物編、生活編と3回くらいに渡って書こうと思います・・・。
[PR]

by sachio_tukiyo | 2009-05-26 06:28 | travel  

なみだもろい。

私は 感情の起伏が激しく、それにより自己嫌悪になることもしばしば、だったのですが
最近 そんなことも忘れてました。
なんだか 時間は有り余っているくせに、自分と向き合っていないような、
そんな感じがしていたのです。

何かを避けるようにものすごい睡魔に襲われ、自分でもビョウキ?と思うほど寝てます。
それじゃいけないな、またどこかで 分岐点を作って、
自分をきちんと動かさないと この生来甘ったれた性格ではどうしようもない、と
本当に思います。 ああ、涙。

結婚して、ありがたいと思うのは、彼が私の感情に気づいてくれること。
話を聞いてくれ、泣かせてくれ、笑わせてくれる。
誰も、完璧な人間などいない。 それを私は彼に感じるし、それと同じく
完璧でない自分と一緒に居ることを選んでくれた彼に感謝する。

今日は 久しぶりに近所のバーでビールを飲んできました。
2時間近く、気づけば話し込んでいて、
普段の生活では、帰宅して、料理して、食事して、TVみたり個人個人のことをしたりして
生活に邪魔されて、あまり話さないものだなぁと思いました。

そうか こういう時間も大切なのだな、と思ったりするのです。
まだ一緒に住み始めて2年ですが、こういう感覚が 彼氏や恋人ではなく
夫婦なのかなぁ、と思ったりするように 最近なってきました。

治してほしいところは たっくさん、あるけれど、
一緒に居ることを許せる相手が居るだけでも とても有難いのだろうな、と思い、
今の自分の思っていることや将来の話をしているうちに泣けてきて、
今日も 泣いてしまったのでした。

ムカつくけれど、今の私には必要なんだろうなと思い、泣けてきたのでした。
[PR]

by sachio_tukiyo | 2009-05-20 06:54 | how i think...  

大ミーティング@UK

無事、イベント(?)が終了しました。
全部で80人、欧州中から代表を集めてのミーティング。
まとめるのは2回目だったけど、やっぱり責任重大で疲れるぅ。
今回は他の人にも手伝ってもらったので、助かりました・・・

最後の最後まで変更とかハプニングとかがあるのですが
どうにかなった?ので、OKということで。
(前回はディナーのビュッフェ、全員分足りなかった!ホテルの責任ですが)

ここはウィスキールームがあり、300種類ものウィスキーが飲めるのですが
ボスが会計ストップしたときにはすでにすごい金額に・・・!
一番安いのが5ユーロ、一番高いのは、35mlで90ポンドしました・・・

c0069083_339388.jpg


写真は、2日目夜 ディナーとウィスキールームを終え、バーでほっこり。
イギリス人に薦められたビール。
めちゃ北イングランドに居たのですが、地ビールだそうで。

会議を行ったのは、イギリスの伝統漂う割と新しい(2、30年?)リゾートホテル。
と、まぁ バブリーな感 漂っておりますが、全く持って不景気な話が多い会議でした><

c0069083_428989.jpg


最終日、会議終えてからフライトまで時間が在ったので、テスコに寄ることが出来たのが
実は一番嬉しかったことだったりして。
というのも、数ヶ月前からUK在住さんたちブログで見かけた 
変味クリスプス(ポテトチップス)をトライしたかったのだ!!

「リス味」、「アヒルの海鮮ジャン味」、「フィッシュ&チップス味」、ナドなど。
個人的にヒットだったのが、「唐辛子チョコレート味」。
これは投票が出来て、人気のあったものが通常シリーズに加わるそうです^^

あー やっと家に帰れる、と思ったら フライトが2時間の遅れ・・・
ブリュッセルに着いたのは夜中の1時30分でした。 やれやれ。
[PR]

by sachio_tukiyo | 2009-05-16 04:35 | as a worker  

動物園

動物園行って来ました。
Planckendaelという、大きい動物園。
の、割には、別に動物が豪華なわけではありませんでしたが
(ライオン、キリン、コアラ、ボノボあたりが大物か?)
広いのと、動物が暇そうな 居心地の良い動物園でした。
ずっと行ってみたかったので るんるん♪
ちなみにアントワープの動物園の姉妹園です。

c0069083_4145519.jpg

アフリカゾーンにてキリンになってみる私。

アフリカ、アジア、アメリカ、オセアニア、ヨーロッパ、とエリアに分かれてました。
お気に入りは、鳥の保養所。小鳥などが保育されているのが見れたり、
時期的にも親子鳥がいて楽しかったです。
二人で一番びっくりしたのは、ハイエナ。彼ら、前足が長いのね。

あとは、このかわうそ。?みたいなやつらとかも可愛かったです。

c0069083_4164318.jpg


野生から切り離されてしまった動物達はかわいそうだけれど、
私は結構動物園が好き。
今日は天気が良かったので、気持ちよかった。
5時間くらい動物園で過ごして 4時過ぎにはすっかりお疲れ・・・
ここは子供の遊べる道具とかも沢山あるので、子供連れの親子や
スカウトのグループもいっぱい来ていました。
子供達を見てるのも動物見てるのと同じくらい楽しい。

先週はなんだか機嫌も体調も悪い一週間だったのと
土曜はムーンデーだったのにかかわらずアシュタンガヨガに出てしまったせいか
(ムーンデー・新月と満月の日はアシュタンガヨガでは身体を休ませるとされている。)
初めての肩の痛みを経験しました。(涙

変な眠気と、気持ち悪さと、だるさとに襲われて 苦しかったです;;
でも マッサージと今日の動物園のおかげで回復。
明日からは忙しい3日間なので 頑張らねば。。。 
[PR]

by sachio_tukiyo | 2009-05-11 04:27 | Belgian time  

全くどおして

来週、大きなイベントがあるのでその準備など。
本職とは趣旨が外れる仕事内容ですが、経験にもなるので頑張ってます。

難しくないのだけれど、沢山の人が集まるので間違えがあるとヤバいのである。
2回目なので前回の反省点を踏まえて、注意深く管理しているつ、も、り、だけど
どうも性格がズボラなので、イベントが終わるまでどっかにミスがある気がして
ヒヤヒヤして当日とか食事が食べられないタイプです。ウフ。

昨日も 機嫌が悪かった私ですが、それを知ってかJoeriは
にこにこしながら洗濯物を一緒にたたんでくれました。
良い子だ♪ 笑 女の子を喜ばすのは意外と単純なんだぞ。

でも今日は仕事でイライラ><
ミーティングのスケジュールを決めるのって、本当に厄介。
特に集まる人間が「General Manager」や、「Vice President」などと
高い役職がつく人のスケジュールを合わせるのはそれだけで骨が折れる。
秘書さんはコレを毎回やっているかと思うと 本当に凄い。

前、「秘書とはマネージャの意思の通りに物事を動かすのが仕事。感情は入れない」と
聞いてから、なるほど、と努力しているんですが それって難しい。
だって 偉い人、「プラクティカル」なことを要求するよりも
「面を立てる」ことを要求したりするんだもん。
俺だけは何があってもこのホテルじゃないきゃ嫌だ!とか。
そのために掛かる労力、時間を考えたら OKって言えばいいのに!と、
偉くならないタイプの私は思うのである。^^;

今日も、2ヶ月先の予定を一人が早めたいと連絡してきたので、
出張行脚中だっていう相手方にどうにか調節してもらい、
これでどう?と聞いたら その日はダメー その日はドイツじゃなきゃダメー
でも相手方はブリュッセルじゃないと都合がつかないー なんじゃそりゃー
でもなんでその日しかダメなんじゃー、そんなのおかしいじゃないかー、
2ヶ月先しか予定がないならこのプロジェクトやめたいー、
あーだこーだ ひーこらひーこらです。

じゃーこうでどうよーとしても、 あっちが折れないとこっちも折り合いつかんのだ、だの
第一 なんで来いっていってんのにこないんだ、とか あああああ。(泣)

3人、GMレベルが集まると本気でスケジュール合いません。
ヒヨッコの私は泣きたくなります><
お互いに文句を言い合うことはないので皆 私に言うのだ。
・・・大体、会議するのにこんなにモメてどーするんだ>< 私の1時間をかえせー、と
今日も私はけちょんけちょんでした。

ちなみに今日朝から何度も3名に電話して連絡とった現在も、まだ決まってません。
・・・だいじょうぶかなぁ?
[PR]

by sachio_tukiyo | 2009-05-08 05:55 | as a worker  

機嫌の悪い日。

機嫌の悪い日っていうのがどうしてもあります。
どうしても仕事がはかどらない日とか。
他人の言葉が凄くつっかかる日とか。

私は料理に文句を言われるのが一番嫌い。
・・・違うな、服のたたみ方とかの文句も嫌いだ。
相手がやらないことを、私の好意でやっていることに
文句を言われるのは頭にくるものである。

パプリカを何故全部使わないで半分残すのか、とか
勝手にさせてくれ。 こっちにはこっちの理由があるのだ。
栄養と彩りと相手の好みを考えて作ってるんだ。
私の好きなものだけでいいのならこんなに時間かからない。
料理は私の中では 買い物をする段階から
生産管理をするような感じなので半分は遊びみたいなもんなのだが、
それでも文句を言われると勝手にしてくれと思う。
フルタイムで仕事して 毎晩最低3品おかずを作って家事をしてるんだ、こっちは。


ということで 機嫌の悪さをブログにもアップしてみたのでした。
[PR]

by sachio_tukiyo | 2009-05-07 04:23 | Belgian time  

ベルギー観光

懐かしいお友達(先輩)がベルギーに寄ってくれるというので、
2日間 いろいろ一緒に遊びまわりました。

出版社でバリバリ働く素敵な先輩。
10年前には、私が今みたいになるとは思えなかったと笑われました。
私からしてみた彼女は当時からイメージがそのまま、なるべくしてなった!だったなぁ。
色んな話をして、思い出話とか あの人は今・・・とか
かなり楽しい2日間だったのデシタ。

c0069083_481948.jpg


久しぶりに同年代の働く女性と会えたので、色々興味津々・・・
私の居る業界とは、全く違う環境で働く彼女が 羨ましかったです。
(私は土臭い、男クサイ、彼女はキラキラ、可愛い子いっぱい笑)

どの世界に居ても、自分の武器を持って強く生きている人は
素敵だなぁ 格好いいなぁと 色々考えさせられました。

ビールが好きだったり、甘いものが好きだったりする人は結構危険なベルギー。
去年遊びに来た友達は、スーツケースの50%以上、チョコが埋め尽くしてた・・・

c0069083_4233321.jpg


お勧めのチョコレート屋さんチョコを、
カフェやバーやレストランではビールを 味わってもらいました。
短い間だったけど、楽しんでもらえたかな??

色々文句を言いたくなるこの国だけど、やっぱり いち住人としては、
気に入っていただけると嬉しいのです。^^;
[PR]

by sachio_tukiyo | 2009-05-05 04:30 | Belgian time