<   2008年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

おわった・・・

今日はちょっと鼻息あらいです。 笑

水曜日、3ヶ月前から準備していたイベントが無事終わりました。
欧州各国から60人以上の参加者があれば、
それをまとめるのは かなり 面倒くさいです。

お国柄か人柄か、メールを送るたびにきちんと返事してくれる人もいれば
最後まで何も返信のない人もいる。
ドイツ人、イギリス人は前日までにキャンセルを申し出て、Sorryと言い、
イタリア人は当日になって「やっぱりボク ホテルには泊まらない」などと。
きぃー。invoice送るからねっ!! ><

とりあえず終了したので ま、いっかー。
それなりに良い経験になりました。

大したことねーぜ、なんて高をくくってましたが、これ、面倒くさかった。
しかも私はかなり変なところ目敏い面倒くさい人間ので 
思わずあちこち気になって あわあわ あわあわ。 

ドタキャン食らっても、スケジュール合わなくても、
期待していたHospitalityが受けられなくても 動じないように
もう少し余裕の持てる自分でいられるようになりたいのに。
精進だなー、と常に思います。

それでもいろんな人に助けてもらうことが出来、有難いなぁと思いました。
そしてきちんと皆に、有難うと伝えに行きました。これが大事よね。

一番いいのは、参加者に名前を覚えてもらえること。
日本人でしかも女子なので 存在していればそれなりに気付いてもらえますが
名前を一致してもらう、何をやってるか覚えてもらうまで行くのは難しい。
とりあえず私は「秘書じゃない!!」と 皆に覚えてもらわないといけないので(ふぅ)
このへん 実は わたしプライドあるの・・・。 ^^; 

気付けばもう25だからねっ。若いなんて言ってらんないなぁと思ってるのだ。
今まで生きてきて 今が一番成長していなきゃいけないんだから。
あー、2年前の私は頑張ってたなぁーふんふん、なんて言いたくないのだ。

実際最近自分のやっていることや おかれている環境が果たして いいのか悪いのか
本当に判らなくなること多々。 ただ、こんな世界恐慌の中で仕事があり、
文句いいつつも税金を納める立場にあれるだけで幸せなのだとも思う。

実際このイベントに参加予定だったある会社の社長が、イベント3日前に
クビになったことを知ったのだ。 欧州は結果が出なければ 厳しいのです。
会ったことも話したこともある人だっただけに、びっくり。
うちの会社では夏頃からかなり人件費削減入っていますし。

とかなんとかいいつつ、 来週のパリ出張が終われば
私は日本だー!!!  もうそれしか考えたくないってことは
やっぱり欧州の生活って私には時々ムリがあるのかなーなんて思う。
[PR]

by sachio_tukiyo | 2008-11-30 01:02 | as a worker  

よっしゃあと3週間

毎日カウントダウン状態。
そうです後3週間で日本です。楽しみ。

今週はとても忙しく、先週まで暇だーと言っていたので
ぴーぴーしてたら、ボスからも「満足ジャロウ」といわれる始末。
忙しいほうがソリャ嬉しいけれど・・・最近本当に睡魔に襲われていて
寝ても寝ても眠い私としては、確かに 仕事ー睡眠という生活を送ると
かなり一週間の速度が速い!!笑

だけどイタリアですっかり身体がふやけてしまい、
なんだかアレルギーが酷かったり、立ちくらみが激しかったり。
今日のヨガもなんだか消化不良。いかんなぁ。

来週には2ヶ月前から準備していて手配を全てやっているイベントがあり、(仕事ね)
それが無事終わればOK. 大したことではないはずなので準備OKのはず、
だけれど 初めてやることというのはヤハリちょっと不安。

日本で調達してくるべきモノのリストも作らねば。
とりあえず、本。ダンボール一箱送るつもり。
こっちだと、「日本の行方」だの「イスタンブールでなまず釣り」だの
何を読んでいても 何も言われないので嬉しい。
(私の本棚はクダラナイものから、カタメの本まで色々)

ちなみにイスタンブールのは椎名誠である。←小学生の頃から読んでる。笑

なぁんてぬくぬく 今日も毛布に包まってPC叩いているけど
ベルギー、本日雪でございます。
[PR]

by sachio_tukiyo | 2008-11-23 00:56 | as a worker  

Italy 2

フィレンツェは、オートバイがいっぱいだった・・・。

c0069083_4581298.jpg


レンタカーの真横を、知らん振りで ぶーんぶんぶん、と走り抜けて行く!!怖い!
無事故で済んでヨカッタァと思うほど。
街中には、「どうやって自分のがわかるの?」と思うほど駐車されている。
おちょろしい。

フィレンツェは町をくるくる徘徊し、ウフィッツィで感動し、
買い食いばっかりしていました。

だって、やっぱり、イタリアは美味しかった・・・。

c0069083_595565.jpg


街中の、デリカテッセンみたいなところで色んなものが売っている。
ハム、パスタ、パン、お菓子・・・ 
しばらくイタリア住んで、ひたすら料理してみたい!なんちて。

c0069083_553720.jpg


マロンショー!!  煎り栗ちゃん。
フクロいっぱいで2.5から3ユーロ。栗好きとしては最高のおやつなのである。
おばあちゃんが店番しておりました。「買ってって~」って言ってました。(多分)
こういう屋台から何かを買うときは、不思議とおじいちゃんやおばあちゃんのところを選ぶ私。

c0069083_5571973.jpg


トスカーナ地方の名物、トスカーナパンのスープ。(っていうかお粥みたいなの。)
色んな野菜と、お豆のスープに浸ったトスカーナパンが絶妙

トスカーナや、エミリアロマーニャの地方では、お塩の入っていないパンが
結構食べられているのだとか。確かに、ハムを味わうにはこのくらい
素っ気のないパンが味を引き立てるために良いのかもしれない。

ちなみに私も、この旅行していたときだけはベジタリアンがムリでした。
だって、ハムとサラミ食べなかったら何もないんだもん・・・!!
イタリアの軽食は、ハム、サラミ、チーズ、炭水化物のメタボまっしぐら~♪
その割には、市場にはおいしそうな野菜と果物が沢山。

家庭料理はきっとお野菜いっぱい使っているのでしょう。←想像。

c0069083_602857.jpg


一度はピザを食べないとね、って食べたピザ。
これはシエナなんだけど、目の前にマフィアなイタリアーノがピザ食べてたので激写。

c0069083_674094.jpg


いや、別にマフィアじゃないんでしょうけど。笑
しかもカメラ目線されてるー。

ちなみに、今回旅行した中で シエナが一番好きでした。
街の雰囲気、大聖堂、何をとっても美しくて綺麗にひとつの街を作り上げてました。
・・・買い物に燃えたのもこの街だったりして。笑
久しぶりに「運命」に会ったのよー。運命の、指輪!大好きな琥珀の。
大切にします。

そして今回はまったお酒は、やっぱりラマゾティ。
あー、こうして強いお酒にはまっていくのだろうか・・・
[PR]

by sachio_tukiyo | 2008-11-17 06:11 | travel  

Italy Parma! 1

待ちに待ったLong weekend,
4日間イタリアに行って来ました。

c0069083_2323335.jpg


ピサ、パルマ、フィレンツェ、シエナを回ってきました。
一番スキだったのはシエナですが、Joeriの友達と笑い転げながら過ごした
パルマの2日間も楽しかったです。

c0069083_23244981.jpg


2泊、Joeriの音楽友達のカップル達にお世話になりました。
イタリア人っていうのは本当に愉快で、適当で、愛に溢れた人たち。
ここに行こう!あそこに行くか?でも雨降ってきたなぁー。お腹すいたよー。
よし お城に行ってみよう!あれ?閉まっちゃったの?えー。
はい!チーズ食べてみよう!!眠くなってきた、家に帰ろうか。楽しかったねー。
そんな感じ。笑 予定は未定!

c0069083_23271953.jpg

左のカレはスタジオ経営兼DJ。右のカレはプログラマー兼ミュージシャン。

そしてそんな彼らイチオシのレストランに向かうべく、車を30分近くも走らせて・・・
(彼ら、平気で移動距離がすごく長かったです。笑)
旬なお薦め、キノコのパスタを頂きましたよぉ~。 私はこれに目がない。

c0069083_23323724.jpg


パルマの見所を色々案内してもらい、夜にはワインを何本もあけながら
色んな話をしました。最近のイタリア事情を聞くのは特に面白かったです。
(2枚目の写真の左のカノジョは先生をやっているので、最近のベルルスコーニの
独裁政治、特に教育改革についてものすごく怒っていました。カノジョ曰く、
ベルルスコーニは頭のてっぺんからつま先までマフィア!!だそう。笑)

こんな風に、暖炉の前で色んな話、意見交換を長々としたのは
Leuven時代以降余りないかもしれない。(Leuven以降は出会う人が皆大人で、
意見交換というよりは教えていただくほうが多かった。)

楽しかったです。 本当に。 ありがとうー。
[PR]

by sachio_tukiyo | 2008-11-14 23:38 | travel  

yes we can.

どうしても触れずにはいられいないので、書いておこう。

今回のアメリカ大統領選は、本当に歴史の一部をみるような感覚だった。
中学の英語の授業で、キング牧師のスピーチを和訳した、そんな歴史の一部を
今 新たに 塗り変えていく一瞬を自分の目で見ていく、なんともいえない経験だった。

大統領選の話題が出るたびに、あえて何も言わないで考えないで居た。 
だってもう どう考えても、オバマ氏になるだろうと思ったから。
これでマケイン氏になったらもうアメリカは、
私のイメージしたい良きアメリカはなくなったのだと思おうとしていたから。

何にしても、時代はオバマ氏を待っていたと思う。
彼はこの時期、あの場所で、あの人々と時代に選ばれた。
彼のスピーチを聞いていると、ああ、追い風が吹いているなぁと思う。

そしてその注目度に、アメリカという国の大きさを再確認される。

広大な土地に、沢山の人間が沢山の問題を抱えて生きている。
だけど、アメリカという国は やはり「自由と愛に溢れた豊かな国」であって欲しい。
世界中のどこの国にも一目置かれる、大きな豊かな国であって欲しいのだ。
戦争をするから一目置かれるんじゃない。そこに自由と愛があるから、
アメリカは良いのだ。

欧州や、日本や、中国やロシアや、アジア諸国や、アフリカ、皆 どの国も
違っていいのだから。アメリカはアメリカであって欲しい。

オバマ氏の当選後のフルスピーチを聞くと、とても勇気付けられる。
ああ、 yes,we can か、と 思うのだ。
これから長い戦いになると思うけれど、
「私は対話する。合意が得られないときは特に」とスピーチで言うように、
強い信念と広い視野をもってして、アメリカをもう一度、憧れの国にして欲しい。

そして・・・ これと比べて、日本の政治家の頼りないこと。^^;
ベルギーの現首相もめちゃめちゃ頼りないけどね・・・。
麻生さんのスピーチは実はまだ聞いたことがないけど、
人に話を聞かせるというのは とても大事な能力であり、リーダーとして必須だ。

そして責任を持って人生を歩んでいくこと。
これは政治家だけじゃなくて、 皆 誰しも、私はそうあって欲しいと心から思う。
誰も責任を取りたくないから、何も動かないんじゃ仕方ないのだと思う。
(会社ではモチロン私なんかじゃ責任も取らしてくれませんがね!笑)

ああ。 語ってしまった。 でも良いか、歴史の一ページだから。笑
[PR]

by sachio_tukiyo | 2008-11-07 06:19 | how i think...  

眠いよぉ

先週から眠くて眠くて。
会社にいる以外は寝ていたいくらい眠くて、これはビョウキだ!とも思った・・・。
(嘘です。)
この寒さと暗さじゃ当たり前か。 太陽なんてしばらく見ていない。
さすがベルギー。 冬眠したい・・・

c0069083_1754956.jpg


寝てばかりいる自分がイヤになり、昨日はちゃんと夕食準備ー片付け、
洗濯、部屋の掃除をし、溜まってしまった新聞3つ目を読んでいる間に・・・ 寝た。

そして今朝は ヒーターが止まっていたらしく、
ベッドから出ていくことがとても難儀で・・・
うちのセントラルヒーティング、Onになってるときは暖かいのだけど
止まると一気に冷える。 (最近のベルギー最高気温は11度くらい。)
特にリビング、コの字型にキッチンとつながっているので寒い。
しくしく・・・

来週月、火が振り替え休日でお休みなので、
Joeriとまた週末からイタリアに行ってきます。彼の友人を訪ねに。

近いうち、イタリアに移住しようね・・・と何か落ち込むたびにつぶやくJoeriですが
確かにイタリアなら住めるかも。フランスも住めるな。ドイツも住めるかも。
スペインはどうかなぁ。(スペイン語が苦手) 食事の面ではイタリアが一番楽だな。
スペイン時間には合わせられないだろうな。(彼ら夕食21-22時からはじめるんだもん。)

いろんな国のヒトと会うたびに、
「ベルギーなんかじゃなくて、もっと南の国の男とケッコンすればよかったのに!」と
からかわれるような国に住んでいる訳ですから、確かに私ってどこでも住めるのかも。
ベルギー、悪くないんだけどね。can be betterですけどね。
でもあと一ヶ月で日本だよ~ん♪ やっぱり自分の国はニホンなのダ。
[PR]

by sachio_tukiyo | 2008-11-04 01:53 | cat cat cat  

掛け持ち出張

月曜から4日間、二つの出張掛け持ちしてきました。
先週土曜から至極体調が悪く、げろげろ状態だったのですが
毎晩のビジネスディナーと永遠と続くワインにも打ち勝ち、笑
帰ってきましたよ。 疲れた疲れたとわめいたら、スキで仕事してるんだろ、と
一喝されましたが。 そらそうだけど。。。 しゅん。

今回はひとつが北ドイツ、もひとつが南フランス。
1人での出張3回目。 とりあえず問題ナシですが、やっぱり
前みたいに上司に頼っていられないから、資料にきちんと目を通して、
話すことをきちんとノートにとって、
会議の途中に不安になったらボスに電話しながらの出張でした。

私の働く業界は女性が極端に少ないため、
皆さん優しくしてくれるのですが、それが表だとしたら裏があるわけで、
使えない女性としてフダを貼られない様にしたいトコロ。

「彼女、ブリュッセルのオフィスからきたアイロン・レディ(鉄の女)」なんて
紹介された時には 私ってひょっとしてやりすぎかと思ったけどね。(ちくしょう 笑)

そうなのよね。気張りすぎても可愛くないし。
うまく場の空気を読み取って発言をしていくのも、経験かと思う。

c0069083_617017.jpg


ドイツの食事も美味しかったけど、フランスの食事はやはり格別。
食後のチーズの美しいこと。

この4日間、沢山の人と出会ったけれど、誰も皆とても良い人たちだった。
仕事にプライドと責任を持って、生きていた。格好良いなぁと思った。
やっぱりこのヨーロッパ、いい加減なだけじゃない。
[PR]

by sachio_tukiyo | 2008-11-02 06:20 | as a worker