カテゴリ:as a worker( 63 )

 

force majeure

凄い大変な事になってます、欧州、空の旅・・・

今回ばかりは 自分のボスや同僚や友達が、あらゆるところで
帰られなくなっちゃって 泣いてました。 ^^: 
本当にひどい。 

奇しくも、ベルギーではかつてないほどの青空、20度と
幸せな週末だったのですが・・・

明日から実は大きなイベントが控えており、
そこにたどり着くには本当は飛行していくんだったんですが
キャンセルになったため車移動になりそうです。

でも 頑張る。 ちょっと 人生かかってるので。
[PR]

by sachio_tukiyo | 2010-04-19 06:23 | as a worker  

春よ来い

まだまだ寒い日が続く中、少しずつ春らしい温度になるときも出てきました。
2009年の冬は長くて、寒く、とても厳しいものだったので まだマグノイアも咲きません。
始めてイギリスで冬を過ごしたとき、3月の寒い中 
美しい薄紫に咲くマグノイアを見て感動したものです。 あのときより寒いのかしら?

4月といえば、会社での評価面談・・・ 今年は去年よりも 多くの頻度でボスと面談し、
話し合って来たので 評価が怖いなぁということはなかったのですが、
思ったよりも高い評価をしてくれました。 嬉しい。

どうにか頑張って、底辺な人間なりに考えてきたつもりではあります。
でもまぁ実際、経験も足りないし知識も足りない・・・ 
どう穴埋めしていったらよいのやら?

私は本当にお馬鹿で弱く、いい加減な人間なので
仕事していても 普通に生きていても すぐ自分のことがいやになります。
どーせワタシは。どーせワタシなんか。そういうマイナス思考がすぐに浮かんでくる。

あの人みたいになれたらいいのに・こうなりたいのに・とばっかり考えて、
すごーく 嫌な人間みたいってなってしまう。

あきらめないで しがみついて、上を目指していけば いつかどこかで「お、やった?」と
思えるのだろうな。 とか言いながら ここまで来たんだ・・・頑張らないと。
ここで転落したら もう本当にオシマイ。 
泣きたくなることばっかりだけど、もうすぐ春がそこまでと思えば、頑張れるかも。
[PR]

by sachio_tukiyo | 2010-04-14 06:28 | as a worker  

イギリス

イギリス行って夕食でイギリス料理を食べに行くことはまず、ない。
今回も1日目はアジアフュージョンレストラン、2日目は中華でした。
あと会議ランチのデリにもサンドウィッチの他にアジア系揚げ物と、
ポテトチップスが付く・・・。イギリス人の主食はポテチとりんごだからなー。

Durhamは小さくて可愛い街でした。
ボスと2人で散策しました。寒かったけど。
色々話しながら大聖堂も見て回って・・・^^; 楽しかったです。
でもLeuvenを選んで良かったかな。Leuvenのほうが街も大きいし
もっと賑やか・・・。

でもイギリス行く度に、懐かしいなぁと思います。
思い入れはやっぱり凄く強い。

で、仕事自体は・・・ 課題が残るような。
でも勉強になった。アドバイスももらったし。でも仕方ないじゃんって言っちゃったけど。

同居人が何かテストうけるとか言って勉強されてらっしゃいます。
少しでも物音たてると怒られるので もう早く寝ることにします。
(どっちみちリビング占領されてるので仕方ないんですが)
はぁ~ なんだかなぁ~ 色々 やりきれん。
[PR]

by sachio_tukiyo | 2010-01-28 06:34 | as a worker  

コピー機は・・・

今朝、ふんふんふーん♪とコピーをとったら、設定が9部コピーになっていて
あっというまに4枚の書類×9部、がー、がー、がー、がー、がー、と印刷された・・・。
(キャンセルボタンがどこだかわかった時にはもう遅かった。)

9部に設定を変えたら、使い終わりに設定を元に戻せ、ベルギー人よ!!
こうやってほかの人のことを考えることが出来ないから嫌になるんだ、と
ベルギー人にぼやいたら、「んー・・・コピーする前に確認しないと、、、ね?」といわれた。
ちなみに家でもJoeriに言っても同じように返答が。
そうかもしれないけど・・・でも・・・ コピー機の設定は戻してっ!

その後 2回目の会議するんで取引先の営業さんが来たのだが、
前回嫌な予感がしたのがやっぱり当たった。 
質問へのきちんとした回答がない!

というより、還暦のおじい様なので、80年代の頃は・・・とか、
30年前ボクがWork Councilにいたときには・・・とか、何かと回顧録になるのである。
生まれる前の製品のスペックを説明されても困るのであります。涙
でもさすがに おじい様に「本題に入ってください」とは言えず・・・。

会議室を出ておじい様営業さんを送り出した後、思わず「引退してくれ・・・」と呟いた・・・。
日本と同じかもしれないけど 良い時代を生きた年代の人たちなんだろうな。
人はとても良いのだけど 感覚が私の世代とは違う。(ってそれはそうだけど)

町のお店の店員さんから、企業の営業マンまで、欧州で「おおっ、この人はプロだ!」と
思うような人にあまり出会ったことがありません。
割と沢山、外部との接触がある職種なのでそれはそれは色々面白くて
「プロの経営者」、「誇り高きエンジニア」、「血と骨の髄まで製品を知り尽くした現場のおじさん」は
結構いるんですが。 営業さんはちょっとアマイ!と思う。
日本は、本当に店員さんからしても物を売るという気持ちとか、
お客さんに対する心構えとかがある気がするけど。

と 今日はちょっと むっ、としたことが色々重なり ぷんぷんとしていました。
でも とりあえず元気です。 

あ、あと、ショートスリーパーになるべく色々考えましたが
母から「あんたブログに嘘書いたわね。昔から良く寝てたよ。」とタレこみが~!!
そうか・・・ ということで いまんとこ 実践にいたっていません。涙
[PR]

by sachio_tukiyo | 2010-01-21 06:24 | as a worker  

プラハの夜

プラハ出張の夜は重たかった・・・
c0069083_7284441.jpg

チェコは久しぶりでした。で4回目かな。
3つの会議があったので それの準備や心構えなども色々忙しかったのですが。

ローマ法王が先月プラハ訪問した際に赴いて3日間料理したという
シェフのいるイタリアンレストランでの夕食、凄く美味でした。
c0069083_731745.jpg

生スカンピに白トリュフをふんだんにかけてもらった前菜はビックリな味。
続いたパスタも最高に美味しくて、たぶん今までで一番だった。(イタリアで食べたよりも!)

今回は カナダ系クマさん体系、シシリア系マフィオーゾ、スラブ系白熊さん、の
良く飲み良く食べ良く遊び良く働く人たちの中で 最高級のワイン
Brunello di Montalcino 2001を戴きました。
重たかったよ。笑 何度も飲み方をご教授いただき、メインの白魚のころには
何がなんだか分からなくなりそうでした。笑

ホテルの部屋に帰るまでは正気でしたが(自分をほめたい。)
帰ってからはバタンキュー。
ちくしょぉー! 食後のデザート、ティラミスのやり直しがしたい・・・

ボスと二人きりで出張に出かけるといろんな話が出来て面白いです。
[PR]

by sachio_tukiyo | 2009-11-22 07:39 | as a worker  

わくわく

個人もしくは家族経営の会社で、この不景気の影響を受けている人は
上場企業に勤めている会社員とはまったく違う緊張感と切迫感があるんだろうなと
思った そんな一日でした。

ああ 会社員でシアワセなのかもしれないけれど
企業したり 自分で会社をrunningしていくというの素晴らしいと思う。
とか 思った そんな一日でした。

プラハに出張です。
今までやったことない仕事なのでどんな風になるかドキドキ。
そして グラーシュのルー(っていうのかなぁ)を買うべくスーパーに行く時間を
見つけなければ!! ふははぁ。

って 準備しなきゃいけないのに ジムから帰って ついだワインの周りが早く
ねむぅぃ。 でも準備しなきゃ~;; 
[PR]

by sachio_tukiyo | 2009-11-18 07:38 | as a worker  

休日のキャリアプラン考察

正直言って、今日も暇だ。(休日なのだ。)
ベルギーでの休日、週末はつくづく暇である。
小さいころから余り「何もしない日」っていう感覚がない、
常に予定の入っている甘やかされた人生だったので
自分からクリエィティブに この国で休日を充実させるようなことが出来ないのです。

暇だけど あまり気軽に誘っておしゃべりするような友達も周りにいないし
お金もないし お店もスーパーもやってないし ジムは連日行き過ぎて食傷気味。

ということで 一人でwebで色々読んだり本を読んだり
でっぷりしたお気に入りのポットに何回もお茶を入れ替えたり
ひまわりの種をぽりぽりしたりしながら 過ごしているんですが、暇だ。

webというのは非常に便利で、能動的に欲しい情報だけ手に入れられるので
とても有難いです。いつもと変わらず仕事に関して色々悩んでいるので
そういう関係のwebに行って色々考察したり。
日本国外で活躍している女性ブログが結構面白いんです。
ズケズケものを言うし、情報満載で、アイデアが自由に飛び交う。
MBAやベンチャー経営戦略コンサル等のステップを経て日本という枠から
自然に外に出て行ってしまった、国内では おさまらなかったろうな、という人材。

私のボスもユニークな人材で、なんだかんだいいつつ優秀なんだと思います。(カナダ人)
去年、今年のようなご時勢でも バジェットを切り盛りし、あっちこっち行き、
うまく人間関係を構築していっているというのは日系企業に生きるガイジンとしては金賞モノ。
あとは環境を自分で作り出すというのが特に大切な能力なのかな。

仕事が出来る人はどこにいても出来るとは思うのですが、
やはりこれだけ世界が小さくなっても大きいのは言葉と文化の壁。
特に日本人が外に出るにはやはりこの2つがかなり大きい。
また、外国人が日本に入るにも同様。更に性別と年齢が加味されるか?

特に日本人の仕事の文化に 長時間労働というのがあり、これが一番海外で理解されない。
終電がなくなるまで仕事をしてまた次の日8時には出社してるという生活は
欧州だけではなくアメリカ、アジアを通しても余りない様子。
(どこにでもワーカホリックはいますが)こないだも、
「日本人ってさ、俺らの倍くらい働いてるけど国が倍、秀でてるわけじゃないよね」って
言われました。 まぁ結果としてその通りなのかもしれませんが。

個人的には、週38時間労働で 国が回ってるんだから欧州はタイしたもんだと思ってます。
週38時間労働しかしていな人よりも、長時間労働した人は結果を残しやすいはずだとも思う。
もちろん 欧州人の仕事の仕方が好きなわけではないんですが、
彼らの生活を見てると幸せそう。 私は今年もまた有給消化できなかった・・・。

確かに 美味しい食べ物と太陽と家族または友人がいれば幸せな休日だと思える
彼らの幸福度というのは極めて人間的なんですよね。
私みたいに、一日中家にいて 暇、とかって思うほうが彼らからしたらオカシイのかもね。
休日にキャリア考察なんかしちゃいけないのかも。

長い文章になっちゃったけど
結局言いたいのは、実は、休日暇だから誰か遊んで。っていうのと、もっと仕事したいっていう
2つのフラストレーションが溜まりに溜まってるっていうことです。
[PR]

by sachio_tukiyo | 2009-11-12 05:44 | as a worker  

ええー

ないないないないんだよ!と
ひとつの書類を探していろんな人に電話しまくってたドウリョウ。
あいつに違いない! ボスが隠し持ってるんでは?!
あっ!あの部ですべてキープしてるんじゃなかったっけ!?

・・・過去の資料なので あの人が管理してないからいけないんだとか
散々 人のせいにして文句言って 探していた彼、
結局自分の棚から見つけました。
がしかし もちろん謝らない。 へっへ、見つけたぜ!みたいな。

私だったら穴があったら入りたいわ~位 申し訳ないと思うのに。

あー やっぱり文化が ち・が・う!! ><

どこに住んでも何かが気になる限りは幸せにはなれないんだから
こういうところは開き直るしかないわねぇと思うんです。
愛すべきところもあるはずだし。

最近は ジムにハマッテおりますが、立ち位置とかも 間が悪い人はどこにでもいるけど
人の前に平気で立つんだよ こっちの人。
「ほかの人に配慮しなさい」とい教育はないのかぁ~ ><
 
ま 家に帰ってきても えー!?と驚くことはイッパイ。
個人の差か、国籍の差か!!
ま 個人の差でしょうな・・・。こっちのほうが言い訳が出来ないから余計悲しかったりして!
[PR]

by sachio_tukiyo | 2009-10-21 05:29 | as a worker  

欧州人

いろんな意味で、欧州人というのは ? という点が多い。
仕事をするという面において、特に。
たまにすごいプロフェショナルな人もいて、感動することがあるけれど
稀であると言っていいです。

一生懸命仕事をするほうがバカか?と思う時もある。
実際そう言われたことも。 そのたびに思うのだ。
「欧州は発展しないかもしれない」と。

欧州は、過去の栄光と歴史で生き伸びている。
欧州人は、それに気付いていない。

明らかに今、時代と世界の焦点がアジアやアフリカに移行していく中で
誰か変化を遂げることが出来るのかが問題で、
変化に弱い欧州人は そういう意味では多様性に寛容ではない彼らは
生き残れないのでは?と どきどきすることもある。

生き方に対する気持ちがちょっと違う。
自分の為に生きているのかというとそういうわけでもない。
幸せそうに見える彼らが羨ましくなることもある。
だけれど、それがベストか?とは思えないような仕事の仕方をするのを見て
すごくショックを受けるのである。
これで通じるのか?こうして社会が回ってるのか?
ーすごすぎる!! ありえないだろ? と ? になるわけである。

もちろん、社会は回ってないのだ。
過去の栄光と歴史の遺産で、社会が回ってるのだ。

日本も?が多いけど、やはり日本人からするとこの欧州にはホントに?が多い。
楽しいです。見てるの。信じられないことが結構起こってて・・・ フフ・・・

あと 何十年かしたら 欧州は世界の中でも「美術館or博物館」化してるんじゃないかと思う。
アジアやアフリカ、中南米から 入場料を払って人が見に来る。

ちょっと疲れてますが 元気です。笑
[PR]

by sachio_tukiyo | 2009-09-23 04:38 | as a worker  

Deutschland

先週はドイツに行ってました。一日は休みをもらってフランクフルトへパパの通訳を。
翌日は仕事でエッセン、ドュッセルドフルへ。

初めてドイツの電車(DB)に乗りましたが 彼らも遅れるのね。
でも 18分遅れます、ソーリー!とキチンと案内が入るところがベルギーと違う。
ベルギーは5分遅れですとか言っておいて10分くらい遅れるからね。

c0069083_2454961.jpg

ショーでスゴイ存在感のオネイサン(この上の写真ね)を撮ったんだけど、
後から見てみたら パパも同じ人の写真撮ってた。
血は争えないらしい。 にしても 顔ちっちゃー!足ながー!
普段生活するのに邪魔じゃないのかなー?? 色々考えちゃうわ。(余計なお世話)

ドイツは久しぶり?でしたが やっぱり怖いね~。
何が怖いって、オバサン達っ。 でかくて あんまり親切じゃなくて・・・笑
うそです。 でもちょっとホント。^^;
ドイツ語ができないのがイタイな・・・でもうまくいくとオランダ語で通じるんだけど。

今週はパリ出張です。 日帰りだけど。
フランス語のほうがドイツ語よりまだマシか・・・。

c0069083_2532153.jpg


で、昨日でラマダンが終わったので トルコ街行ったら 沢山お菓子が。
それをもって BruggeのJoeri両親のところへ。(いつもケーキが用意されてる・・・)
ついでにJoeriも私もJoeriママに散髪してもらいました。(元美容師さん)
スッキリ。

ちゃんと ブログ更新しよぉっと・・・!
[PR]

by sachio_tukiyo | 2009-09-22 02:54 | as a worker