カテゴリ:how i think...( 42 )

 

yes we can.

どうしても触れずにはいられいないので、書いておこう。

今回のアメリカ大統領選は、本当に歴史の一部をみるような感覚だった。
中学の英語の授業で、キング牧師のスピーチを和訳した、そんな歴史の一部を
今 新たに 塗り変えていく一瞬を自分の目で見ていく、なんともいえない経験だった。

大統領選の話題が出るたびに、あえて何も言わないで考えないで居た。 
だってもう どう考えても、オバマ氏になるだろうと思ったから。
これでマケイン氏になったらもうアメリカは、
私のイメージしたい良きアメリカはなくなったのだと思おうとしていたから。

何にしても、時代はオバマ氏を待っていたと思う。
彼はこの時期、あの場所で、あの人々と時代に選ばれた。
彼のスピーチを聞いていると、ああ、追い風が吹いているなぁと思う。

そしてその注目度に、アメリカという国の大きさを再確認される。

広大な土地に、沢山の人間が沢山の問題を抱えて生きている。
だけど、アメリカという国は やはり「自由と愛に溢れた豊かな国」であって欲しい。
世界中のどこの国にも一目置かれる、大きな豊かな国であって欲しいのだ。
戦争をするから一目置かれるんじゃない。そこに自由と愛があるから、
アメリカは良いのだ。

欧州や、日本や、中国やロシアや、アジア諸国や、アフリカ、皆 どの国も
違っていいのだから。アメリカはアメリカであって欲しい。

オバマ氏の当選後のフルスピーチを聞くと、とても勇気付けられる。
ああ、 yes,we can か、と 思うのだ。
これから長い戦いになると思うけれど、
「私は対話する。合意が得られないときは特に」とスピーチで言うように、
強い信念と広い視野をもってして、アメリカをもう一度、憧れの国にして欲しい。

そして・・・ これと比べて、日本の政治家の頼りないこと。^^;
ベルギーの現首相もめちゃめちゃ頼りないけどね・・・。
麻生さんのスピーチは実はまだ聞いたことがないけど、
人に話を聞かせるというのは とても大事な能力であり、リーダーとして必須だ。

そして責任を持って人生を歩んでいくこと。
これは政治家だけじゃなくて、 皆 誰しも、私はそうあって欲しいと心から思う。
誰も責任を取りたくないから、何も動かないんじゃ仕方ないのだと思う。
(会社ではモチロン私なんかじゃ責任も取らしてくれませんがね!笑)

ああ。 語ってしまった。 でも良いか、歴史の一ページだから。笑
[PR]

by sachio_tukiyo | 2008-11-07 06:19 | how i think...  

秋が来てる。

肌の隙間から、少しずつ何かが零れ落ちていくような・・・

ここにいることは、まだ「日常」じゃなくて「挑戦」の一幕に過ぎないんだと
噛み締めるように、思ったりしている。

私は何故ここにいることを選んだのか?
当然のような、だけどやっぱり非日常のような。

まだまだいけるのか?
それとも一度踏みとどまって考えた方が良いのか?

一度、決めたことを簡単に曲げるのは良くない。
だけれど、私は本当に自分と向き合って考えたことがあるのかなぁ。

今になって、 もうちょっと自由になっておけばよかったと思う。
もうちょっと、 縛られないで信じてみればよかったとも思う。
だけど それが出来ない弱虫だから、私は今ここでこうしているんだと判ってるんだけど。

なんだかまた 何だか全く判らなかったけど、捨て身になって
必死に戦っていた20歳の頃に戻って考え直したい気もする。
毎日、生きるヒントを色んな所からかき集めて、奮い立たせて、
踊って、踊って、踊っていたあの時期がとても懐かしい。

踊ってる時に得られたあの感覚は、どうすれば戻ってくるのだろう?
他の何から得ることができるんだろう?

なぁんて考えるのは、 秋だから。 
秋が来てるからなのだ。 そうなの。
[PR]

by sachio_tukiyo | 2008-09-24 05:34 | how i think...  

つれづれ

昨日、フレンチネイルを自分でやろうと思って、フレンチネイルキット
(ベースと、先の白いのと、トップコートがセットになってるやつ)を買い、
「どうどう?」とJoeriに聞いたところ 「ぐぇぇぇぇ」だって。

前から薄々気づいていたのだけど、彼 爪が嫌い。
爪を見るのが気持ち悪いんだって。
(ペディキュアも気持ち悪いらしい。爪を目立たせるから。)

フレンチネイルはその昔、コロンビア駐在時代に
現地のコロンビア人が皆していたらしく、彼曰く
「すっごくゴージャスな女性でも、この爪してたら絶対ダメ」と思ったとのこと。

へー。そんなに嫌いなのかー。笑
まぁ彼の好みに合わせて自分の服装を変えたりはしない私なので
勿論 勝手にフレンチネイルにさせたもらいますが。
(多分言わなければ気づきもしないだろう)

c0069083_1933254.jpg

1ヶ月ほど前に行った公園での展示会にあった。金塊とウィード・・・?

でも 爪のお手入れをするのは個人的に大切だと思っている。
自分でよく見える場所ゆえ、綺麗にしていると気持ちが引き締まる。
欧州に住み始めてからお化粧しなくなる日本人って多いけど
私はそういうの凄く嫌い。 せめて眉を整え、唇の色を直し、マスカラをするだけでも
大分違うのに、そんな5分も作れないのだろうか?と思ってしまう。

しかも欧州人と比べて 凹凸もないし、「自然に赤らむ頬」も持って居ない
アジア人だからこそ、少しは綺麗にしないと 個人的には落ち着かない。笑
だって彼ら、睫毛が勝手にお人形さんみたいだったりするからね・・・。
(まぁ 年をとると ヒゲ生えたままだったり、皺やそばかすがアジア人と比に
ならなかったりしますが・・・。)

価値観の違いですかね。別にどうでもいいのです。←こう〆るか?
[PR]

by sachio_tukiyo | 2008-08-10 19:54 | how i think...  

猫や犬

私は昔から動物が好きだ。

実家のアンは一度もらわれて返されちゃった犬を4ヶ月でもらった。
ウチにつれてこられたとき、模様もヘンてこだし
しかも車に酔って吐きまっくった為、なんとも情けない様子で、
「ぶさいくなのをもらったなぁ」と思ったと母は言った。
(私は私の犬!と舞上がっていたので別になんとも思わなかった・・・)

しかも名前も決まっていた。
別に返品した飼い主に付けられた名前なんて無視して新しいのをつければよかったけど、
そのまま何となくアンになった。
(でも登録はアンズでした。笑)

実家のジジは私がベルギーLeuvenに留学していたとき拾った。
生後1ヶ月でチビで、きちんと鳴くことさえ出来ない猫だった。しかも細長くて。
「ぶさいくな猫だなぁ」と思ったと母は言った。
(私は猫を飼うのが初めてなので不細工かどうか判らなかった。笑)

そんな私がもらった犬猫は、今 実家に押し付けられているが
それはそれは幸せそうにしております。←結局私が一番悪いってか

今ベルギーのウチにいるパンダ猫は、Joeriが拾った猫。

と、いうふうに私の周りの犬猫は皆モラワレモンなのであった。

だけど、世の中には動物を「ペットショップで買う」人たちがいる。
ベルギーではもう 店頭で動物を買うことは出来ません。
(ブリーダーのところへ行って買うそうです。)

でも 世の中には、毎日飼い主を待ってる犬猫がいっぱいいる。
処分されてしまう前に、ペットショップよりもそういう犬猫を見て欲しいと思う。

「望んでいる柄」や、「希望の大きさ」と違うかもしれない。
だけど、飼ってしまえばそんなこと気にならないよ。

沢山サイトがあります。沢山、保護している方たちが居ます。
毎日毎日、 新しいにゃんこやわんこが拾われて、
ある子は人間に捨てられて、ある子は虐待されて、保護されてます。

犬猫の里親さがし
Team ちいさなあしあと
犬猫救済の場
あなたと共に

夏休みの休暇を終えたら、考えてみてはいかかでしょうか。
新しい家族をおうちに向かえてあげてください。

私、実は現在 新しい猫を飼おうかと思ってて、
迷い猫、生まれた猫を探してます。
ベルギーって日本に比べたら動物愛護団体も派手に動いてますが
やはり犬猫シェルターが存在してます。

可愛い猫や犬たちの、ひとつの命を守れたら。
最近毎日、そんなこと考えています。
[PR]

by sachio_tukiyo | 2008-08-03 00:31 | how i think...  

ちょっとどん底。

自分なりに頑張ってると思ってたんだけど、
ああ どうしてもやっぱり駄目な人間だなぁと思うときがある。

10代の頃から 自分はマイナスの人間なんだから
人並みになるには 人一倍の努力をしないとプラスにさえならない、と
考える気質があり、 気づくとかなり落ち込んだり沈んだりすることが多い。
ただ、それを感じるのはごくごく近くに居る人だけだと思うし(当たり前か)
だから投げやりになったり、怒ったり、人に当たるとかそういうことはない。

ただただ自分の心と身体の奥のほうで何かが冷え切っていって、
どんどん冷たくなって、 ああ、やっぱり私はマイナスの人間なんだ、と気づく。

ここ1ヶ月くらい、何か日常生活と平行してどんどんマイナスに向かう
自分の心が常にあって ちょっと困っています。
目標があったりすると 突き進むタイプですが、この冷え切った感覚が出てくると
しばらく何も出来なくなる気がする。

自分は何をしたいのか?
自分は誰と どこで生きていきたいのか?
常に「世界のどこででも生きていけるようになりたい」と笑っているくせに、
本当はどっかで、実家の床の上で丸まって死んでしまいたいとずっと思ってる気もする。

人のちょっとした言葉が気になったり、それがいつまでも突き刺さって
抜けなくなっちゃってちょっと困ってしまうのもこんなとき。
何かミスをして、すぐに対応するはずだったのに誰かに言われてしまったり。
自分の中でコマが動かなくなってしまったり。
他人がとても羨ましくて、悲しくなって立ち止まってしまったり。

私は一体自分に甘く接しているのか、
それとも厳しく自分を管理しているのかもわからなくなってしまう。
ああ、なんだか、憂鬱。

とりあえず、この状況を打開すべく、来月 パリにふらりと行こうと考えてます。
出張のついでに。

私の中の何かを少し変えて、また暖かくならなくちゃいけない。
まだ、まだ大丈夫だって自分に言い聞かせなくちゃ。
[PR]

by sachio_tukiyo | 2008-06-26 03:14 | how i think...  

おちこみ

ここんとこずっと ブルーです。

私にとって人生で一番大切なのは家族だというのは変わらない。
私の家族を築くことが人生の目的であり、それ以外は
その目的に付随することでしかないと思ってる。

仕事は、家族の支えとなる経済力をつけるため。
私ひとりでも生きていけるよう、していることであると思ってる。

趣味は、人生に色を添えるもの。
心を豊かにし、暖かくしてくれて、楽しくさせてくれるもの。

家族を超える趣味って何?
家族を押し抜いてまでやりたいことって何?

私には全くそこが理解できないんだよ。
それともそれを支持できない私が出来の悪い女だということか。
[PR]

by sachio_tukiyo | 2008-04-05 00:40 | how i think...  

色分け。

ようやく週末!
上司が出張続きで居ないことが最近多く、
その中で仕事をこなしていくことにようやく慣れた。
上司を通さないで私宛に問い合わせ、メールが来るというのは
相手が私という人間を仕事相手として認めてくれた証拠かな?と。
これからもっときちんと独立して仕事できるように、頑張っていこうと思います。

c0069083_4563013.jpg


イースターエッグ。イースターまであと一週間。(23日ですね。2週間後)
バレンタインが終わると、スーパーもチョコレート屋さんも
ハートいっぱい真っ赤っかのデコレーションから
黄色、黄緑色で可愛いヒヨコやタマゴをモチーフにしたものに一気に変わります。
で、このタマゴ型のチョコは危険。
親指の先くらいの大きさで、ちょうど良いサイズなので思わず口に入れてしまう。
だからこそ今まで買わないようにしてたのに今日思わず誘惑に負けました。^^;

で。。。色分け。なんですけどね。

最近、Joeriは家事を手伝う「努力」をしているらしい。
・・・んだけど、それにかなり 普通の人との差異を感じるワタシ。

皆さん 洗濯するとき、一体何色に分けて洗ってますか?
ワタシは白と、それ以外。 色落ちしそうな素材は手洗いしてしまいます。
がしかし、Joeriさんは違うんです・・・。
今日も、バスルームに行ってみると・・・

真っ黒、 茶色、 ミドリ・カーキ系、 黄色・生成り色、 赤・オレンジ系、と
綺麗~に分けてあるではないですか。
(ちなみに白は洗濯機の中に居ました。)

ウチは二人ですので、一週間に2、3回洗濯機を回せば
事が足りる量なんだけど、 ・・・ あんた、一体何回洗うつもりじゃっ!? 
って・・・言いそうになったけど、我慢して アリガトウとだけ言っておきました。笑
こんなに丁寧にやらなきゃいけないと思ってるようじゃ、そりゃ家事やりたくなくなるわぃ。

残りはワタシがちゃちゃっと明日やろうと思います・・・。

まさにA型、というべきか?
。。。ちなみにワタシは大雑把なOでーす。 へへーん
[PR]

by sachio_tukiyo | 2008-03-08 05:11 | how i think...  

おくさん* 追記しました 笑

私は 一応 オクサンとして、炊事洗濯掃除を「オクサンの仕事」としている。
いくらダンナさんが家にいても、たま~に床を掃いてくれる、
たま~に食器が洗われてる、3日に1回生ごみが庭に埋め立てられてる位。

私は会社に行った後の週2回ほどの「買出し」「夕食つくり」「夕食の後片付け」が
終わらないと一日が終われないようになった。
しかもシャワーを浴びるところまで一気にするのが日課。
一度座ると面倒くさくなりません?笑 ^^;

後片付けを絶対やる理由は、翌日 ダンナさんにやっておいてくれるかなぁと少し期待して 
会社から疲れて帰ってきたときに洗われていない食器を見るとゲンナリするから。

それを知ってか知らずか、ダンナさんはTVの前で寝始める。
私が「一日のオクサンjob」を終えてやっとお茶を淹れてTVの前に来るころは
とっくに夢の中・・・
シアワセなやつだ。

どうしてこんなこと書いてしまおうかと思ったかというと、
1。今日はいびきまでかいていやがる
2。折角買ってきた 今年初のイチゴを食べようと洗ってへたまで取って持ってきたのに
  おなかいっぱいだからと拒否された

・・・という 自分勝手な理由からですが、2のいちご、明日から2泊でスゥェーデンなので
今日食べなかったら 食べられてしまうか悪くなってしまうのがわかっていたからさ。
そうさ 私はどうせ自分勝手。 ふーんだ・・・

ってことで、明日よりスゥェーデン。
最低気温マイナス7度だって。 まだ人間がどうにか住めますね。笑
でもホッカイロいっぱい持っていくぞー!

*** 追記 
ちなみにうちのダンナさんは IT関係なので、今まで基本がHome Workingでした。
来月から仕事が変わる予定なので、そしたらofficeに通うかも??
お給料は私よりもイッパイもらってます。 チッ、やっぱりスキルか・・・。 ;;
で、昨日のイチゴは私が全部食べちゃいました。へへーんだ!

[PR]

by sachio_tukiyo | 2008-02-20 06:25 | how i think...  

ゲイジツカ

さっき、joeriがヨガから帰ってきてから喧嘩になった。
あまりに頭にきたので、蹴った。

喧嘩の理由は、「さちの考え方が狭すぎる」
なんていうの、英語だと、narrow minded。

そもそも、彼はかなりゲイジツカ思考な人間で、
それはそれで自分とシンクロする部分がありよかったのですが
私は最近のところ一般の常識のある良い大人 に
なるべく日々努力していたのである。

彼にしてみたら私がゲイジツに触れなくなった理由も全くわからないし、
私が「アーティストって自分勝手だから」と言うのも判らないという。

彼の友人のPVを撮影することに関して、(私が出てるので手伝わないといけない)
私の予定(平日は仕事、という予定)よりも 
友人の予定(コロコロ変わるゲイジツカ的スケジュールの立て方)を優先するというので、
思わず私が

「私は普通の人間として一生懸命毎日働いてるんだ。
  アーティストの気分次第でそれを邪魔しないでくれ」 と言ったところ、
お前はなんでそう心が狭いんだ、そういう人間の話を聞くとsickになるって言われた。

「彼女だって日銭を得るために必死で毎日戦ってるかもしれないじゃないか」ってさ。

そりゃそうだと思うよ。生きていくのにお金が必要なんだから。
だけどそうやって彼女が選んで、自分の才能で生きていくことにした訳であって。
私は自分が会社員としてやっていくことで生きていくことにした訳であって、
それに文句言われる筋合いはないと思う。
ましてや彼みたいな人と結婚したんじゃ、私がきちんと仕事していないと
安泰なんて考えられないし。 

どうやって生きていったって私は良いと思うけれど、自分で責任は持つべきだ。
自分で自分の日銭は稼ぐべきであり、他人に迷惑をかけてはいけないと思う。

彼がたとえ、ゲイジツに心を右左世界中に動かしていた4年前の私に戻って欲しいと
思っていると判っていても、私はもう、そうなれない。

彼は 私が今 毎日こなしている「サラリーマン」を馬鹿にしているところがあり、
(自分だってそれ以上になれないくせに)
社会の中で必死に上にあがっていこうとか、こだわって何かをしている人のことを
見下しているように感じる。 
(欧州では一般的に出世にこだわらない人も多いかもしれませんが)

でも私は仕事を必死でする人が好きだし、
自分も仕事をするならば頑張って楽しんでしたいと思う。
それは私だけが決めたことであり、彼はそうではないんだろうから
強制してはいけないんだろうけれど・・・。

はぁ。 でも日本に帰ってやる!って言ったら、
好きにしてって言われたので、本当に帰ってしまいたい気分だ。

最近 このテの愚痴が多いなぁ・・・ ;;

※芸術家のことを悪く言ったカンがありますが、それはただ短に
     私の限られた経験のもとに言ってるだけです。プロとしてきちんと
         生計を立てている人は人に迷惑なんてかけてませんね。すいません。
[PR]

by sachio_tukiyo | 2008-02-14 05:35 | how i think...  

ああ 大変

結構 うげっ・・・ってクラスの 出来事が金曜の夜に起こってから
うちは軽く錯乱、パニック状態が続いており
精神的に参ってきてる人につられて 私も参ってきたり。

実は 結婚している状態って 安定しているように見えて好き。
土曜日、BXLで飲み会に参加したときに、
なんで若くて結婚したのかとか色々聞かれたんだけど
私個人的に あまり考えに考え抜いて結婚した訳ではないので
結婚って やり直せるじゃないですか、と言ったら
へー そういうもんかなーって。 

日本でもバツ1は普通に見かけるし、欧州に居たら
60になっても恋愛は出来るものなのか、と関心するほど
結婚、離婚、同居に別居に彼氏の娘、彼女の息子などと
家族体系は様々。 家は3回建てないと納得がいかないというし、
人間の結婚もそんなもんだと実は思っている。
(とかいって、私の両親は仲良しさんなんですが^^;)

何が言いたいのかというと・・・

相手をどのように支えてあげたらいいのかわからなくなっているこの頃。
少し前までは身体、精神全て100%使ってCareしていたけれど
それってどうかなと思い始めた次第。

結婚を、支えて欲しい、養って欲しいと思ってした訳では全然ない。
私は常々一人でも生きていける人間になりたいと思っているし、
友達もいるし、ダイスキな家族もいるから ここを追い出されても
生きていけると思ってる。 
頼っていないし、頼られても居ないのかもしれない。

でもその気持ちじゃ、結婚は長続きしないのかもしれない。

だからといって、100%でCareし続けるのもなんだか違うと思うようになってきた。
だって、相手は全く違う人間、年齢もバックグラウンドも全く違うし
頭の中の思考回路は違う風につながっているんだろうし。
一度 理解できないと思うようになると一気にああ わからないなーこの人、と思う。

まぁ恋愛じゃないので 嫌いになったら分かれるとか
一瞬一瞬の判断で 結婚というのは変化しないのだろうけど
なかなかイライラするものである・・・。

で これからドイツです。
[PR]

by sachio_tukiyo | 2008-01-28 13:13 | how i think...