Bejart

昨日、アントワープでベジャール観て来ました。
来週もブリュッセルで観る予定。

初めてコンテンポラリーを観たJoeriは 理解できない・・・と嘆いてました。
まぁZarathustraだったので、ニーチェ嫌いなJoeriには苦痛だったのかも。
とかいう私も、あの語りにはちょっとミュージカル要素を感じて ?でしたが・・・。
でもダンサーの動きは 美しかった。振り付けはとてもクラシック。
来週の春の祭典が楽しみです。

で、昨日のエントリの続きですが、
とりあえず1週間にわたる喧嘩は話し合いの末、終了。長かった;;
皆さんからのコメントを読ませて頂いてたら、
私はまだケッコンのケの字もわかっていない未熟者であると感じ、
かつ チクショーやっぱりムカツクワー!と叫んだりして。笑

今日のアシュタンガヨガのクラスで、新しいものに出会えたので
ここはとりあえず気持ちをリセットしようと思います。^^;
ヨガの面白さはここだね。 ふと、体験したことのない感覚に出会えます。

それは、今日の 先生がアジャストしてくれたときの言葉。
「窮屈に見えるポーズを作るとき、自分の身体にFreeな場所を作る。
 そうすると驚くほど、ほら、こうして自分のパーツが自由に動くでしょう!」

自分の動きを邪魔しているのは、紛れもない自分だと気づく。

それがヨガで出来たとき、この感覚を普段の生活に持ってくることが出来る。
バレエをしていたときは、バレエの為に必死で生活していたけれど、
ヨガは生活の為にしている気がします。

いつもいつも、コメントありがとうございます^^

ナマステ。
[PR]

by sachio_tukiyo | 2008-04-06 06:17 | Belgian time  

<< 着物ミーティング4月 おちこみ >>