どうにか軌道に。。。?

それなりにデッカイ意識を持って日本を出たので、
何か胸を張って皆に会える様になるまで帰れないと思ってる。

そんな風にいつ胸を張れるかは分からないけど、
色々めぼしがついてきた。
ちょっとメデタイと自分で思えた。

c0069083_2495375.jpg


なので昨晩、シャンペンを持参してお隣にお邪魔してきたりして。笑
お隣の夫婦はとても愉快で、婦人は車椅子なんだけれども
二人でいつも仲良く世界中を旅行したりしている。
いつでも何かあるとちょいっとお邪魔してお話したりしています。

実は今回の引越しは、気合は大きかったけれど不安も勿論大きかったので
荷物をダンボール2箱しか送らなかった。(後は来たときのスーツケース)
殆ど何も持っていない状態で、ホイホーイ、と飛び込んだ感がある。
だけどその中で、この葉書だけは持ってきた。
これはLeuven留学中も持っていっていたもの。

c0069083_335422.jpg


3年前の6月に亡くなった長野のおばからもらった、葉書。
イギリスに2ヶ月語学留学しているときに、学校に届いた。
おばにとってはほぼ初めてのエアメールで、差出人の名前を書き忘れてる。

そこには、

「さっちゃんがインターナショナルな人になり、国際的に仕事が出来るといいね。
and、女性としても素敵で知性と教養があって、まわりの人に、あたたかく出来て、
さっちゃんなら大丈夫です。そんな女性になれると思うよ。
だから今は、そのための準備。いっぱい友達をつくり、
いいものみんな、もらってきて(物ではありませんが)
元気な顔で、ただいま、を待っています。」

と 書かれてる。 私は彼女から色んな事を教わり、可愛がってもらい、
自信がないときも苦しいときも抱きしめてもらった。
そして、初めて人が亡くなっていく過程に立ち合わせてくれた。

おばの書いた様な人になれるか分からないけれど、近づけるように、
そして日本に帰るたび、元気に皆にただいま!と言えるように、
この手に入れたチャンスをしっかりと握り締めて頑張ろうと思う。
[PR]

by sachio_tukiyo | 2007-06-13 03:21 | Belgian time  

<< market berries and cha... >>