ベルギーにてアシュタンガ。

ヨガとの出会いは19の時、初めて当時通っていたジムでやってから。
とりあえず意味もわからず、それほどポーズをとるのも難しくなく、
ヨガ→パワーヨガ→ピラテス、と色々やりましたが
どれも続かなかった。 

結局、コンテンポラリーダンスの素晴らしい先生に出会って
ジムもやめてしまったんだけど、仕事を始めてから
新しい壁にぶち当たったときに出会ったのがアシュタンガヨガだった。

すぐ近くに有名なアシュタンガヨガのスタジオがあることはしっていたし、
隣のベジタリアンインドカレー屋さんには何度も足を運んでいたけど
まだ やってみたことはなかった。

去年の夏、勇気を出してヨガマットをもってレッスンを受けてからは
もう これしかない、と思うようになってた。


さて 前置きが長くなりましたが。笑

そんなわけで、こちらでもヨガスタジオを探してみたところ、
Antwerpの川向こうにあるそうな。ってことで行って来ました。

スタジオのムードはなんだかとても良い感じ。
薄暗くて、湿度が高くて・・
日本語なまりのマントラしか唱えたことがないので
こちらのマントラは??となることもあったけど。

さて プラクティスをしてみた思ったのが、
西洋人はいろんな意味において「自己中心的」です。
「唯我独尊」を生まれながらに普通に生きてきている人が多い。

それが理由かわかりませんが 日本人の「人より遅れるのは恥ずかしい」
「アーサナを教本のように正しくやりたい」「きちんと順番を覚えたい」
というプラクティスよりも、「自分が気持ちよくなるポーズがしたい」
「ほかの人がどうだって、自分はこれがいいんだ」というような
ヨガの練習をしているな、と思いました。

だから、とても良い意味で自分勝手に自分の思うままに動いていて
うらやましい。 それを先生がアジャストしていく。 導いていく。
なんか、本来のヨガの真意に近づくには、西洋人のほうが向いているのでは・・・。
なぁんて思ったプラクティスでした。はは。

これから通うつもり。

c0069083_1912090.jpg


ヨガについてきたJiri、アシュタンガはハードすぎるので見学。
帰りはターキッシュピザで腹ごしらえしました。
トルコピザはイタリアンピザより総じて軽い。美味しい。が・・・
。。。消費カロリー・・・摂取カロリー・・・;;

写真はずいぶん前のです。
確かこれはブリュッセルのトルコ街で食べたときの。
[PR]

by sachio_tukiyo | 2007-05-13 19:01 | yoga  

<< Turkish Shop waffle! >>