人間関係

今まで生きてきて色んな楽しいことがあった気がする。
でも忘れてしまうことが多い。
だから写真は好き。 それを思い出させてくれるから。

ここ一週間ほど、コタツで寝ているため(おいおい)
変な夢を見ることが多い。
昔のクラスメイトとか、2週間だけスティしたことのある場所とか、
中学生のころ良く歩いた道とかそういうのが、
時代・場所ところ構わずごっちゃになって出てくるのが中々面白く、
ちょっと楽しかったりする。

夢ではなぜ、過去の内容を見ることが多いのだろう。
それともそれはあたしだけで、未来を夢ばかり見る人もいるのだろうか。

c0069083_11354861.jpg


「年をとって、最悪なことは、若かったことを覚えているという事実だ」と
やっていた映画で、おじいさんが言った一言。

昔は動いた足、良く見えた目が、今は動かない、見えない。
動いていたという事実や、見えていたという事実を覚えていなければ
老いたことを嘆く回数も減るだろうに。

うまく私が「老人」にまで達することができたら、
何を思うだろう。
「ああすればよかった」「こうしておけばよかった」と嘆くのかな。
動けなくなったときに、周りに誰か居てくれるのかな。

「きのもちよう」という言葉を忘れずに、幸せなんだと自己肯定して
幸せで居られたらいいなぁ。

とか 考える お休みの火曜日でした。
これから親戚周り・ヨガ行ってきます。
[PR]

by sachio_tukiyo | 2007-01-16 11:36 | how i think...  

<< 仲良くなった 2007年 >>