宗教

ベネディクト16世が、公式謝罪をした。
その発言に、手を挙げ、喜ぶシスター達の姿がとても印象的でした。

ジハードという言葉を使って人を殺してもいいと、
言っているように受け取れる行動をしているのは
イスラム過激派の一部の人間達である。

彼等はベネディクト16世の先週の発言を受け、
シスターを殺害したり、法王の人型を燃やしたりして
抗議を繰り返した。

何故、そんなに危険性の高いことをするのだろう。
何故、そんなに暴力的になるのだろう。

キリスト教(カトリック、プロテスタント等含む)が
暴力的ではないかといったらそうじゃないんだろうな。
ほんの少し前まで、植民地を取り合って奴隷を作り上げてきたのは
彼等なのだから。

そして、未だに熱心なキリスト教信者大国アメリカが、
戦争をしているのだから。

仏教が、では果たして暴力的でないか?
神道はどうだろう?どの宗教をもつ国の民も、
人殺しだって、悪いこといっぱいしてきたんだものな。

とすると、では 今 歴史っていう大きな本があるとして
その中の21世紀初頭であるとしたら
その時代は イスラム教徒が暴力的になっていたという
史実が書かれているような その中に今私たちが居るだけなのかもしれん。

所変われば、人も変わるのだから
宗教が違えば、人も全く違うよね。

まぁ イスラム教の場合、人間である前にムスリムであるという
そういう彼等の宗教心が恐い気がするのだけれど、
それが彼等の宗教と言われてしまえばキリスト教徒が口を出す訳には
いかないのかもしれない。

でも、宗教を信じる者であるまえに 人間であるのならば、
誰だって同じなのにね。 心臓は一つしかないしさ。
脳みその重さも同じくらいだし。 子供だって同じようにして出来るし。

なんて そんなことを思いながら
3連休も 仕事でした。(い、ち、お、うっ。)
[PR]

by sachio_tukiyo | 2006-09-19 22:18 | how i think...  

<< 精神を鍛える 9月 >>