vanity

vanityという単語を、このごろ何かにつけ思うことが多い。

vanity、を引いてもらうと、うぬぼれ、とか虚栄心、という日本語になります。
フラ語ではvaniteuxなんて綴る。 英語の60%だかなんだかはフラ語からキテマス。
ので、英語→フラ語の辞書が一番勉強しやすいと思ったりする。
っていうか 繋げて覚えられるから楽な気がするだけです。

とか 書くのもvanityです。

昨日の日記のように書くのも、vanityです。

とにもかくにも、自分のそのvanityを押し押しする部分が
嫌いで嫌いでシカタナイのです。

結局、あたしはそのvanityをいかにしてmodesty(謙遜)に
本当の意味でしていくのかが人生のただいまにおいては目標だと思ったのですが
それはそれでなかなかムズカシイ。
だってmodestなだけの人間なんて、一体どの位いるのだろう。

否、意外と皆きちんとmodestなのかも。 ははは。

vanityがあるからこそ、それをなくそうと努力をしたりするのだとしたら
そのvanityはとてもポジティブよね。
だけど、けれど、ああ、カミサマ。

自分の能力なんて誰も知らないし
生きるも殺すも自分次第だとは思う。解ってはいるの。
ただ、まだ、そのvanityが邪魔をする。
ちくしょふ。 ;;

踊っているときは忘れられるのにな、そんなこと。
お稽古が一番楽しい。
[PR]

by sachio_tukiyo | 2006-06-10 23:32 | how i think...  

<< positiveになろうの会 考えない >>