Portugal は Madeira島より

えーと。 現在ポルトガル領マディラ島におります。笑
29日にベルギーを出てリスボン経由で来ました。

人生最西端。ポルトガル首都リスボンから一時間半近くのフライトで
もっともっと西南に行ったところにあります。

c0069083_18362964.jpg


不思議なことに、沖縄みたいな雰囲気と
日本の田舎町みたいな雰囲気が混ざったような
なんだか懐かしい雰囲気の場所です。
欧州人のHoliday Spotのひとつなのですが、
気温が17-20度くらいあり、山に行くと雨が降ったりするけれど
それでもいいところです。人が優しい。

夜にはクリスマスライトが島中に光っており、
はっきり言って一日にどれくらい電気代をこの島は払っているのだろうかと
考えてしまうほど 素晴らしいライトアップ。

これは年を越えても少し続くみたい。
年越しの花火は、昨日夕食のレストランで英国婦人が
its something that i die for ...!! 死んでもいいと思うわ・・・
と言うほど(ただの言い回し?)素晴らしいらしい。

正直 日本人のあたしは 大晦日と正月はおせちとおもちとこたつとTVで
のーんびりしたいのですが 何故か2年続けて南で過ごすことになってしまった。
ちなみに去年はスペインのマドリッドのど真ん中で年越ししました。

爆竹におびえ、シャンパンに濡れ、すんごく恐かった。しかもディスコで徹夜。
しかも初食べ物はチュロス。(スペインの伝統なんだってさー) 
その後爆睡、大後悔・・・。
絶対来年は日本で年越ししようと誓ったのに。 今年はどうなるでしょうか・・・。

それではここから毎年恒例になっている (なんじゃそりゃ)
国沢幸生によるやぶれかぶれ的2005年振り返りましょうの巻!
長くなりますがゆるちてね。

c0069083_1836267.jpg


2005年の幕開けは、フィンランド人の大親友MaijaとMadridで始まった。
Maijaとあたしの友達のスペイン、イタリア、ポルトガル人という
最強ラテン系にまぎれた うちら二人は
へろへろになりながら ディスコで徹夜をし、朝ご飯(5時くらいか?)に
チュロスを食べさせられ、げろげろになった元旦でした。
日本人には日本でのお正月が一番だと身にしみた初海外での正月。

その後バルセロナでのんびりした後、ベルギーはLeuvenまでback。
魔のテスト期間が始まり、生まれて初めて 死んでしまいたくなるほど
意味の分からない 学問を勉強した。
オランダ語の試験に政治学の試験に欧州現代史の試験にと
顔を3倍くらいに腫らせながら 立ち向かうが、
はっきりいって あたしはやっぱりオバカさんだったん。
生まれて初めて試験から落ち、失意の中パリ旅行、2月に一度日本へ5日間だけ戻る。
帰国時 空港に迎えに着てくれた母と弟、あたしのあまりに酷い姿に
言葉を無くす。 そして弟。 「・・・老けたね。」

2月、日本から戻ってきてすぐに大学の後期スタート。
前期の反省を生かし・・・たのかどうだか解らないが
前期よりも授業を増やし、フランス語も再開。

3月、欧州の春が始まり 周りがとてもキレイに。それによって気分も上昇~。
ニースやローマに旅行。 授業内容がだんだん身に付いてきて
勉強がスムースにやっと、行くようになる。

4月、日本に2週間近く滞在し 就職活動。
無事内定を貰い、ベルギーへ戻る。 イースターを挟んだので
授業をそれほど多く休みはしなかったけどcatch upは大変でした。

5月、少しせっぱつまっていた5月。取っている授業の多さが原因。
それでもどれも楽しくてやめられない。EU関連の授業がとても面白く
毎回授業がどれも楽しみでたまらなかった。

6月、試験準備期間、そして試験。 前期の挫折を生かせ・・・たのか、
すべて無事合格することが出来て 涙、涙。
たくさんの友達に助けて貰い、本当に嬉しかった。

7月、8月は 旅行旅行旅行。
フィンランドに始まり、ウィーン、プラハ、アムス、パリ・・・
ウィーンのクリムトとシーレには本当に心が砕かれた。
あまりに感動して、このまま ここに留まってしまいたい衝動に駆られたが
食事のあまりのまずさに それはちょっと止める事にしました。笑
母や親戚と共に1週間ながらも欧州を回り、楽しかったです。

ベルギー中も回りまくり、毎日ちょこちょこ色んな事をして
色んな人に会って、良い夏でした。

9月末、相棒Gigiを連れて日本に本帰国。

さすがに新宿で迷ったりとかはしなかったけど
やっぱり日本って人が多いわ。と思った。笑
でもホント、モノは良いし 便利だし 何でもあるし
美味しいし 優しいし 言う事無し。
東京万歳。 などと思ってしまう自分はやはり東京人・・・。;;
欧州の不便利さは欧州だから仕方ないと思って楽しめるんであって
東京や日本の良さはその便利さにあると思う。

10月から12月にかけては、卒論に手一杯でした。
後はやはり踊りのお稽古に戻れたのが嬉しかったな。
そして友達。お世話になっている方々。
でも何より、家族が居るっていう安心感。そして暖かさ。
GigiもAnn(犬)となんとか上手く距離を測れるようになってきて
4人プラス2匹でとても楽しくうるさくも愉快に過ごしています。

ひひひ。

今年最も影響を受けたのは、やはり留学中に得た友達。
広い視野と好奇心、そしていっぱいの愛情で素直に物事を語る彼等。
彼等の大きな笑顔とHugで何度助けられた事でしょう。
たくさんの感謝をしたいです。


良いお年を!

来年も困難に乗り越えて、素敵なことがありますように。
[PR]

by sachio_tukiyo | 2005-12-31 18:36 | travel  

<< Happy new year! ベルギー式クリスマスの過ごし方。 >>