あんちゃん

c0069083_21194837.jpg

うちのアンが、国沢家にやってきたのは1995年の1月でした。

犬がほしくて、ほしくて、色んな人に聞いた結果
一度もらわれたのに戻されちゃった出戻り犬を、譲ってもらうことになったのです。
4ヶ月になっていたアンは、運ばれてきた親戚のおじちゃんのクルマに酔って
ゲロゲロでグロッキー。お世辞にも可愛いともいえない柄で。
一番最初に抱いた私のワンコは腕の中で震えていました。

お庭で飼う予定だったのに、日々少しずつ玄関に入ってきて、
居間にも来て、二階にも来て・・・結局家犬になってしまいました。

とっても頭が良くて、「サンポ」という言葉が大好きでした。
ちょっと怖がりだったから、他人や他の犬に慣れる事がなかったけれど
家族に忠実で、とてもとても良い子でした。

昨日まで、15年と半年、国沢家の皆に愛されながら、一緒に生きてきました。
11歳の頃から一緒に育ってきました。
c0069083_2122770.jpg

でも もう これから おうちに帰ってきても迎えに来てくれることは有りません。
大好きな卵をねだる事も、猫を追いかけることも、
ソファの上ででおなかを出して寝ることも、サンポをねだる事も有りません。

最後の夜、駆けつけた私と弟と、父と母の4人の真ん中に居ました。

そして、青空の綺麗な春先の午後、
母と私にきちんと見送られて、一足先に旅立っていきました。

いっぱいの愛情をありがとう。
いっぱいの優しさをありがとう。

介護をしようと思ってとった休みだったのだから
もうちょっとゆっくりでも良かったのに。
でももう、歩けなくなっちゃった自分に飽き飽きしてたのかな。

それに今 イッパイイッパイになっていた私に
少し休憩を与えてくれたのかな。
おうちに戻っておいで、色々ゆっくり考えておいでって。
c0069083_2053496.jpg

あんちゃん本当に ありがとね。
[PR]

by sachio_tukiyo | 2010-03-12 21:19 | about me  

<< いちご大福 むかちゅく。 >>