Van Rompuy, premier président européen de l'Histoire

チェコの空港のラウンジで、ボスと「あれっ、EU大統領って今日決まるんでしたっけ」
なぁんて言ってたら、CNNで「EU大統領が決まりましたぁ♪」
思わず周りにいた人たちと 「しえー!」と叫びました。

なぜならば。 初代EU大統領は現在のベルギー首相だから。
そう、だから、もう、ベルギー首相辞退ってことです。

c0069083_7542348.jpg

で、このヴァンロンピュイ(ロンパウ)さんは凄い人なんです。

ベルギーのここ最近の政治はいつもより増してどうしようもなくて、
彼の前の首相、ルテルム氏は 2回も3回も「ボク首相やだー!やめるぅ」って言ったり、
「ワロン(フランス語圏)の人たちはオランダ語が話せるほど賢くない」なんて暴言はいたり、
「ベルギーの国歌歌えますか!?」と インタビュアーに聞かれたとき
フランス国歌を歌ってしまったり、と話題にキリがないヒトだったんです。

そんな時、政治内外からの指名を受けて ひそやかに首相になったヴァンロンピュイ氏は
メディアにも出ないし、顔は覚えにくいし、目立たないし、という地味さを強みに
あれよあれよと色々解決し、さりげなーく この国内闘争を少しずつ治めて・・・

その「協調性」が認められて、今回のEU大統領選出になったんですが、
これで最悪の場合ベルギーの首相が再度、フランス国歌歌った
前首相に戻る可能性があるので ベルギー国民は皆で
「しえーそれは避けたい、やめてくれー」と思っていた訳です。

まぁ どっちみちEU大統領はベネルクス3国からの選出が暗黙の了解だったのですが
それにしても これからベルギー内の政治はどうなっちゃうのかなぁ~。

ベルギー人の取り柄は「大国に囲まれながら協調し妥協し調整する」という
ドイツやフランスやイギリスには出来ない調整役が出来ることであるので
(オランダや北欧よりも多言語に長けたフランダースは特に有利)
この選出に関してはベルギー王国の名誉ってことにしておきますかぁ。
なんでも、初代っていうのは記録に残るから・・・ね!! ^^;
[PR]

by sachio_tukiyo | 2009-11-20 08:05 | belgium  

<< プラハの夜 わくわく >>